プロフィール

ぴんくのくまー

Author:ぴんくのくまー
2009年4月から大学3年。
将来について考える年になるのかな。

なんにでも好奇心旺盛にやってきたい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ旅行まとめ

●雑感

初海外・外国人慣れしてないんだったら女一人では行ってはいけないとおもたよ
特にイスタンブール。
イスタンブールとカッパドキアしか行ってないけどもw
イスタンブールだけはトルコじゃねぇって誰か言ってたから、イスタンブール以外の都市・地方はそんなでもないんだろうが

家族友達男が一緒にいれば純粋に楽しめるかも
あでもガチムチおねぇもいるからジャパ男で間違えられたら危ないかもしれないね
いずれにしろ日本人は気をつけなきゃね

今まで行ったほかのどの国よりも一人だと面倒な外的影響が倍になる

そしてあいまいな日本人気質やら相手の思いを推し量りすぎる心が残ってると死ぬ(大量の客引きに疲れ果てる)

初日は完ジャパのままだったので、愛想笑いしてたら疲れた
2日目には客引きにも慣れて無視できるようになった
3日目には適当にあしらうのがうまくなった

なんでもハッキリ態度で示せるなら女だろうが一人だろうが全然余裕な気がする
一人だからこそ色んな体験もできるし
観光案内してもらったりとか、ごちになったりとか
本当に親切な人ももちろんたくさんいるので。


●脳みそ蒸発がいず
しかしヤリ目で声かけてくる奴大杉
セクハラの部類に入るのかなー
イスラムだから外国の女にしか直球でいけないのか、簡単にいけると思われてるのか自国女に相手にされてないからか。たぶん日本人=ビッチ思想だろうな。
トルコのこと調べると女の人が一人でいくなら男に気をつけろっていっぱい出てくるが、
現地にいってみて、無視する以外気をつけようがないとわかったw
でも恋愛商法とかかっこいい優しいでひっかかるのはガチであほだろ
ホストに貢ぐのと似てるようでもあるが、勘違いしちゃってる点が加わり痛い

一人でいるとたまには人とおしゃべりしたいから、時間があればイケメソとトークしてみたけど
普通に楽しく話せる人もいたけどわずかだったのう
彼氏いるっつっても消えないのとかなんなん
頭の中セクロスでいっぱいすぎだろマジで
ずっと中2かよw m9(^Д^)プギャー

最後の方にはどんな人が何を言ってもお前もかって感じで慣れた
みんな大好きなんだね、とても肉食的だね

うざい声かけにも慣れ、不快指数を忘れるほどまでになり、器が一回りでかくなったかもしれない。w
そして帰ってきてから日本人萌えが始まった


●ことば
トルコ語わかんなくてもガイドブックあればなんとかなるし

トルコ語はメルハバとテシェキュレデリムしか使わなかった
あとは英語だからとても楽。
観光地だから英語は割と通じるぽい
正式なガイドさんとか以外の日本語ペラペラなやつは信用できない申し訳ないがw


●人
イケメン補給にはとてもいい場所
濃すぎる人も見受けられるがもうレベル高すぎ…
若い青年イケメンすぎ
女の子きれいすぎ
おじちゃんおばちゃんはかわいい感じ

日本語で話しかけてくるトルコ人は100%何か裏があると勘ぐってた方がいいと思う
自分から声をかけた人は、100%良い人たちだった
ベースはみんないい人だと思うんだけど
道尋ねればほんと親切に親身に教えてくれるし商売とは言えお店の人もやさしいし

しつけぇうぜぇぇぇぇぇぇ(・∀・)カエレ!!って人もいたけど言えば追い払えるし、1週間いて良い人のほうが断然多かった
と思う

人を見極める目と勘さえあれば楽しいことばかりでしょう


帰ってから経験豊富な友に教えを請うた
良い人か悪い人か見極めるのは、やっぱり「目」
らしい

もっと見極められるようになりたいもんだ

でもイカレguysの話はイケメンでそんなに自信あるならいんじゃねって
その代わりだめだったらプライドずたぼろになるようなこと言って精神的にコロス(^ρ^)って言っててサマンサを見た気がしたw
あーなんか正直なこと書きすぎたな
でもこれがリアルだ


●まとまってないまとめ
・イスタンブールはトルコ一の都市、とは言え下町をバージョンアップさせた感じで暖かくて人の交流がたくさんあっていい感じです
・優しい、親切な人多すぎ。
・変な人も多いけど、ネタとしては何かとおもしろい。
・見るものたくさんあって、遺跡がたくさんで、
 アジアとヨーロッパが混ざって、まさに神秘。 ネ申..._φ(゚∀゚ )アヒャ


何が言いたいのかといえば、
また行きたい!⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン

以上。完
スポンサーサイト

10/3 映画と女の子@飛行機

クアラルンプールまでの機内。

トイストーリー3やってた!!!!!!

トイ・ストーリー3 [DVD]トイ・ストーリー3 [DVD]
(2010/12/01)
ディズニー

商品詳細を見る


2回見た←

まじピクサーGJ

ほぼ泣いてた
一番ピンチの場面で嗚咽がもれそうになり
過呼吸になってしまうんじゃないかってくらい泣いて完全にトイストーリーの世界に入り込んでしもてた

悲しいけど素敵な終末だった

家にいるスヌーピーやくまたちもmtgしてるかもしれない
おもちゃぬいぐるみ大事にします

トトロはしゃべらないけど意外と写ってて日本人的に嬉しかったですw


あとキャッツアンドレドッグズ2見た

キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争 3D & 2D ブルーレイセット(2枚組) [Blu-ray]キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争 3D & 2D ブルーレイセット(2枚組) [Blu-ray]
(2010/12/07)
ジェームズ・マースデン、クリスティナ・アップルゲイト 他

商品詳細を見る


トイストーリー見たあとだとふかふかのソファとパイプ椅子くらいの違いを感じた
小さい子が見れば面白いと思う
動物たちは超かわいい



映画と関係ないが、飛行機で初めてエコノミーの最前列に座った
足完全に伸ばせて快適だった
最前列だと、足伸ばせる代わりにテレビも食事時のテーブルもないんですよねって思ってたら
変なとこからでてきてきちんと設備もあってめっちゃええです


隣にファミリーいて1,2歳くらいのちっさい女の子がめっちゃめちゃかわいくて
映画どころじゃなかったりもしたw

ピーナッツあげたりにらめっこしたり
パパが隣の席だったが英語喋れない?ぽくてジェスチャーでのコミュだけどパパも丸くてかわいかったw
愛嬌あってちょっとシャイでパパのことすごい好きみたいでっていう愛に溢れた女の子を見てたらうるっときたw
年とったわ
たぶん女の子と20才差くらいですよ
それを思うと切ないw

女の子に夢中であまり寝れなかった

パパは眠そうなのに女の子に起こされて抱っこして、って見てたらほっこり光景だけど、絶対大変よな
お疲れ様です

10/2 街とお別れ

8時起床

昨日カッパドキアからイスタンブールに夜戻り、
とぉーーーい空港からバスで新市街のタクシム広場まで。
その後路面電車の乗り方わからんしくそ眠くて即効帰りたかったのでタクって
ブルーモスクもライトアップ
mos_20101122191048.jpg
ホテル着いたのが12時1時とか


疲れつつもホテルのレセプションの人に
カッパドキア行ってきたー!!って言ったら
良ければ寝る前にって部屋にアップルティーサービスしてくれた
tya.jpg

とても疲れていたので暖かい飲み物(゚д゚)ウマーだったし
お金払おうとしたらいらないって言われて
何よりその心遣いにとてもとてもほっこりした



そこからの帰り支度…
朝起きてからもちょいとパッキングして、10時すぎに別れの挨拶をしにカフェのおじちゃんのとこいってちょいとおしゃべり

日本から持っていってたピーセンとケントプレゼントw
たいしたものじゃなさすぎてサーセン…
でも喜んでくれたばい
逆にありがとう

したらお土産に、って近くのお菓子屋さんでトルコの名物お菓子いっぱい買ってくれた

あざす
まじで親切にもほどがある。


ホテルチェックアウトして空港に。
チェックインめっちゃ時間かかった

トルコっぽいお土産とか買い物してクアラルンプールへーーー

( ´・ω・`)ノ~バイバイ

10/1 カッパドキア/空港までの送り

※どうでもエピソード

----------
運転手のおじちゃんが
空港までの道に日本記念公園あって教えてくれた!
nih.jpg
近ツーが作ったようだ。なぜw

観光地からは(たぶん)程遠い、空港に向かうまでの住宅街の途中にある
車降りてパチパチ

よくわからぬ人型
nihon.jpg

ななめから見るとこうなってます
niho.jpg

日が落ちてきた。
噴水とかあるしベンチ的な座るところもあるしぼーーっとするのに良さそう
fun.jpg

どんな経緯でできた公園なのかわからなくてググってみたが、
観光地でもないしまぁ何があるというわけでもないところだから詳細は不明。
アーティストはトルコの人のようで。

しかしトルコのカッパドキアの、しかもこんなところにあるのかい、って場所にどんなメッセージが含まれたモニュメントなのか見る人を悩ませるのは、一種のシュルレアリスムを感じさせる…w
このアーティストがシュルレアリスムに属してるならその意図を受け取れたってことになるかもしれんな!!(;゚∀゚)=3ムッハーw


ドライバーちゃんが運転してみる?とかw
道広いしすいてたしちょっとくらい運転してみよかとも思ったけどやっぱり何かあったらこわいって。

英語あんまりわからないらしくガイドブックのうしろにあるトルコ語でなんやかんや説明してくれたり

おじちゃん優しいんだけど
トルコにきて何度目かわからないセクロスの話キタ――(゚∀゚)――!!w
オマエモカ━━━━━━m9(^Д^)━━━━━━ !!!!!!

あいつらなんなん?w
旅行会社の運転手さんみたいな、信頼おけると思ってた人でさえそのトピックをだしてくるとはw
ほんとに大好きなんだね
別に襲ってこようとかナンパしようとしてそんな話ふってきたわけじゃなかったみたいだから
単純にそういう話が好きなんだろう
みんな自称するようにトルコ人きっとすごいんだろうね

そういうテーマ持ちかけられてももう驚かなくなった
いちいち驚いたり恥ずかしがったり笑ったりしてたら疲れるべ

全く変な耐性がついてしもた


そうこうして空港着いて、そろそろイスタンブールに戻るお

10/1 カッパドキア/最後フリータイム

フリータイムでギョレメ市中心ぽいとこで潰すことに
toke.jpg

30分ちょいくらいかな
一人でふらふら

トルコきて初めてスーパーらしいスーパーを見つけた!!
イスタンブールにはどこにあるかわからんくて。
ということで入ってみた

お菓子いっぱい買った
kinderシリーズで見たことないやつ発見した
トルコのものってわけじゃないが←
日本じゃkinder surpriseくらいしか見たことないがうまいだよ


迷っても困るから迷わない程度に小さな街をふらふら
tou.jpg


したらみんな暇なのか外でて茶飲んだりゲームしたりおしゃべりしてる
のどかやわーーーーー

でもあまり人が来てないように見えるにもかかわらずめっちゃ在庫抱えてて店の経営がどうなってんだかとても気になった
カフェとかも回転率と原価とでだいたいどんな感じかわかりそうだけど頭動かせない
動かしたくないw
その辺気になりつつも現実を知れば心配になったりしょんぼりしそうな気がするのでスルーする


ふらふらしてたら道端で声かけられてゲームやろうって言われる
ベッカム?とかいうやつ
これ
ba.jpg

何ターンやってもルールがわからなかったwww
一生懸命説明してくれてたんだがアホですまぬ

そして日本戻ってから調べたら、ベッカムじゃなくてバックギャモンてゲームだたw
知らなかったぜよ。
発音だけ聞くと完全にベッカムだったんだ
バックギャモン
奈良時代に日本に伝わってきてたらしいとかwww賭博禁止で廃れたとか
一応日本にも来てたんですね。
西洋すごろくなんだって
そのパワーアップバージョンが人生ゲームってか

しかし日本語で書いてあるルール読んでも一発で頭に入ってこないw
細かい規定多くてわからなす。覚える気がないからでしょうけど
またいつか教えてもらおう


時間になったからゲームを放棄し、完全なる負け試合決定の中ばいばいしドライバーのおじちゃんの元へ

10/1 カッパドキア/ギョレメ野外博物館

最後の観光スポット

ギョレメ野外博物館
gy.jpg

キリスト迫害の痕跡でござる

野外博物館てなんぞ???
って感じで
単純に天井がない博物館かしら
と思ってたw

ポンペイ遺跡みたいに、地下都市みたいに、
昔使われてたものがそのまま残ってますーっていう博物館?というかエリアですわ

gyo.jpg

夕方近くに行ったがあんまり混んでなかった
もう観光客団体は帰るところのようで、すいすい見学

とてもでかい
というか広い敷地だから人の密度も低いのか

gyor.jpg


屋外だけど博物館っつー不思議なネーミング。
適当に開放しとくより拝観料とれるから博物館にしちゃえ。ってノリでこうなったんかしらね

chur.jpg
だから岩岩にある部屋の中にはキリストの絵が書いてあるけど
キリストの顔は削られてるという

地下都市ができたのと同じ理由でできたエリアだから、
部屋の中も地下都市と同じように人々が生活するために作られた用途別の部屋が色々公開されてる

gyorem.jpg


キッチンとか寝る部屋とかもちろんあるが、お祈りするための部屋とか教会的な部屋がめちゃめちゃ多かった印象

いくつかの部屋案内してもらったけど、
ガイドさんが説明し尽くしたので恒例フリータイムw

いろんな部屋のぞきにいって階段のぼり降りして自然で作られた景色に魅了されて楽しかった
残った遺跡もいいけど、景色もとても楽しめた

gyore.jpg


10/1 カッパドキア/妖精の煙突

妖精の煙突にきた

ent.jpg

らくださんこんぬつわ
rakud.jpg


煙突のような岩の中には妖精さんが住んでるらしい。
まぁ…単なるこじつけだそうでw


ガイドさんに勧められて放置プレイになったので煙突群の裏とか行って散策
entot.jpg

教会とかあるんですよ
ちっちゃい黒い四角いところが入口になってて入れる


独りになった瞬間fantásticoなスペイン生まれのキャッってなれるくらいのイケメンに声かけられ
周辺ふらふら
によによして幸せだった


そんな妖精の煙突でした←

10/1 カッパドキア/ラクダ岩

ラクダ岩。たしかデブレント谷とかいう…?

ra.jpg
らくだっぽいでしょ、ってことでラクダ岩w


ガイドさんはもう見飽きてるらしいのでw一人でトレッキングシューズでもスニーカーでもない冬用ブーツのまま
険しめの道をのぼりくだり
日差しが強い中汗かきつつ

この急勾配をのぼってく。そう、普通のブーツで
miti.jpg

keisy.jpg


のぼっていくとーーーーー

pok.jpg

poka.jpg

pokar.jpg

めちゃくちゃポカリの世界!!!!!!!!!!!!
写真じゃテクニックもないし空気感とかわからんから伝わらないだろうが。

(雲はあるけど)真っ青なきれいな空と白い乾いた大地ってか岩の数々が完全にあたしの中でポカリの世界で感動したw

ミスチルの♪生まれたてーのぼーくらの前にーはただー

みたいな歌詞の曲が勝手に流れた
別に好きでもねぇのにCMパワーすご


らくだの近くに来れた
rakudati.jpg



さすがに下が砂利やらとぅるとぅるやらで滑りやすいし、上ってくる人は少ない
だからこそ周りに人は全然いなくて完全に世界に入れるw

とてもとてもきれいで気持ちいいのだが、
ガイドさんと車が待ってるとこまで再び戻らなければならない。

急勾配を上り下り。滑らないかひやひやしながらで結構きつかったですw
下の写真の左上のほうにちっちゃくあるのがツアーのバスたちがとまってるところ。
遠いんだぜ
でも上る価値ありあり
kudar.jpg

10/1 人生ノリなのだ

せっかくカッパドキアきたから

勢いあまって

記念にtatooほってみたふへへ
ire.jpg




今思う

やっちまったな








うそー
実はただのペイントーw
バレバレすぎるー


陶芸工房で職人さんが勝手に書いてきた
水ですぐおちますw

10/1 カッパドキア/陶芸体験

オプショナルツアーなので
陶芸屋サンに連れてかれる


たぶん初めての陶芸体験
作ってるところ見せてくれた
roku.jpg

ろくろみたいなんまわしていいよーって言われて手伝ってもらいつつ遊んで器作ったら
いつの間にかそれを買え的な方向になっててびびったw
買わねぇからw

旬のワイン飲ませてもらいつつ工房案内される
tingi.jpg

tubo.jpg
こまかーい絵がかかれててきれいなタイルやら壷やらいっぱい見れて楽しかったが
しつこい押し売りが1時間弱続いたのだろうか

何がなんでも買わねぇからww

しかも家にもうあるようなのばっかりで全然興味ないし

時間調整タイムでーした

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。