プロフィール

ぴんくのくまー

Author:ぴんくのくまー
2009年4月から大学3年。
将来について考える年になるのかな。

なんにでも好奇心旺盛にやってきたい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/25 病院はしご

25病院はしご
朝ドクターや看護婦さんに囲まれて起きた9時くらい
白髪まじりのドクターもやはりかっこよかった。ほんまになんなん…
てか朝めっっっちゃむくんでて目があかない…
しかも症状ひどいぽくてDr saidバイオレンスw早く治って(´・_・`)

朝の紅茶頂いてぼーーーっと。
また看護婦さんやドクターが来てアレルギーとか生活週間のこと聞かれる。てかほぼ全員に医療情報聞かれてるんだけど情報一括処理してないんだろうか…英語の勉強にもなるし暇だからいいんだけど

朝は紅茶だけで、昼になってお昼ごはん食べられるらしい。
期待してなかったんだけどスープとローストビーフサンドとゼリーとアイスとオレンジジュース。病院食まずいってどっかで聞いてたのに普通に食べれるwスープおいしかった。ゼリーはプルプルじゃなくブルブルって感じでゴムみたいでおいしくはなかったけど食べれた。

お昼食べて保険会社の人とやりとりして支払いは会社がやってくれるようでカードも出さないで済んだ。検査込みたしか一泊470?瓠?6万円くらいだったんだけど保険でカバーされるってすげぇな。
13時頃ハイヤーで次の病院に。キャロラインが待っててくれた、迷惑かけて申し訳なす。病院入ったらイケメーーーン。イケメンとイケメンのボスのかっこいいきれいなおばさまに診てもらって数十分で診察は終わりイケメンとはこれでさよなら。看護婦さんたちと冗談言いながら楽しく色々大掛かりな応急処置してもらう。みんな明るいw
待ち時間が多いのが傷だな。あれだけイケメン美女揃いの病院なら毎日通いたい。
待ってる間キャロラインとおしゃべりしてたら彼女も先生のことハンサムっつってたw
同じ国の人からみてもそうなのか。イケメンと美女多いって言ったら否定はしなかったから気づいてはいるんだろうか。ホストファミリーも皆顔整ってるんだよなぁ。今まで行った都市でシドニーが1番クオリティ高いと思ってたけどトップの座はエディンバラに入れ替わった私の中で。いいわエディンバラ←
しいていうならイケメンでも薄毛が多い。雨降っても傘ささないからじゃないかしら。でもジョージクルーニー、ジェラルドバトラー、シャビ、ヒューグラント、イライジャウッドみたいなのがゴロゴロいるからこの街やばい
優しい人多いし私だけじゃなくこっちきてる子が口を揃え隠し撮りするほどの魅力を兼ね備えている人々ばかり。やばし。

そして昨日に続きまたびっくり。
今日も入院wwwwww
集中治療するらしく2,3日病院で預かるとか。ネス湖とスコットランド国境ツアーno refund..oh...でもこんな状況じゃ無理だから諦める他ない。言うても1万円くらい。しゃあなし。

再びハイヤーで3件目の病院に。15時くらい。こんな経験できませんわw楽しくなってきた。病院着いてまた1時間程待って一旦キャロラインはお仕事に。ほんとにありがとう。
先生登場。初めて黒人の先生が現れてこれまたイケメン。顔がほんとに整ってるし背が2mくらいで超ジェントル注射は下手だがw
医者になるには顔面偏差値も重要なのかエディンバラ…。友達によるとマックの店員もイケメンだったらしいし職につくには顔か大事なのかほんとにイケメンしかいないのか…どうにか数値化して社会調査したいです
先生に2回注射失敗され3回目も無理やり針いれられ痛みつつまた医療情報インタビュー。確実に医療用語が身についているw
たけしキャッスルと忍者ウォリアー好きっていわれた。こっちでもやってた?る?らしいw

診察諸々終わって部屋案内されたら一人部屋ーーー‼テレビと水道ついててなにこれ快適。薬の説明とか何度目かの皮膚検査され看護婦さんとおしゃべりして6時にごはんがやってきた。スープとトマトソースミートボールとマッシュポテトとゼリー。めっちゃおいしいんだけどwwwしかも明日の分からメニュー好きなのチョイスできるようで病院すごい。

抗生物質打たれるはずか最初の針刺し見てこりゃあかん、て看護婦のおばちゃんが気づき他の人に刺し変えてもらうもまた3回失敗されたwwwwww点滴針だから太めだし痛いです結構w最終的に薬で補填。薬あるんやん。6タブレットになってしまったが。手に鈍痛w

全然家に戻れないからキャロラインが歯ブラシセットとか買ってきてくれた。とてもありがたし。学校にも電話してくれたりバウチャー渡すのやってくれたりほんとに素晴らしいホストファミリーでよかった。。疲れてるだろうしで気にせずお帰りくださいと申しベッドの上でうとうとしたりiPhoneに出来事メモしたりして21時とか。たまに看護婦さんやってきたり。
夜も紅茶でてきてテレビ見ながら一応英語の勉強してるつもり。
環境はとても快適。お風呂入りたいけどもう少し我慢。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bearofpink.blog27.fc2.com/tb.php/1160-a444b1fe

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。