プロフィール

ぴんくのくまー

Author:ぴんくのくまー
2009年4月から大学3年。
将来について考える年になるのかな。

なんにでも好奇心旺盛にやってきたい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューシネマパラダイス

自分主人公だったら苦しすぎて最終的に引きこもって鬱になる
でも人を思う気持ちってすごいんだろうね
特に今みたいに娯楽が溢れてるわけじゃないからあの時代なら余計すごそう
最後せつなさでいっぱい

ぶつ切りだったからまた借りて見よう
すげぇ長いけどいいっすね

人生何があるのかわからないしその出来事がどんな経緯と巡り合わせで起きてるのか
何が作用してるのか
その時点では理解できなくても
後に事実を知るっていうのは生きることの面白さなんだろうか
偶然なのか必然なのか
どんな出来事もあたしは必然だと思ってるけどね
すれ違いも障壁も再会もそれはやっぱり運命なんだと思います


思い出の映画館は時の流れと儚さを気づかせる
アルフレードと共に映画館も

彼のおかげでトトの単なる恋愛映画じゃなくなって深みがでてる
とても泣けるね

年とってからのトトが急にイケメンで老けてても一番タイプでした←
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bearofpink.blog27.fc2.com/tb.php/619-0010eb5c

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。